FC2ブログ

メインキャストは考える

僕には高校の頃からずっと大好きなバンドがあります。

高校時代メンヘラ厨二真っ只中だった自分が、

今の死生観を考える節度を持った厨二に至る過程を、

見事に自分自身の成長と合致した音楽を出すバンドです。

それが「摩天楼オペラ」というバンドです。

こんな所で紹介させてもらうのもおこがましいですが、

俗に言うビジュアル系です。

そして僕のメタル好きの原点のバンドでもあります。

と、語りだしたらキリがないのでそれはまた今度。



今回の記事の題名でもある「メインキャストは考える」

これは、摩天楼オペラの隣に座る太陽というシングルの

カップリング曲の題名です。

僕はこの曲大好きなんです。

下手したら気分によっては摩天楼オペラで一番好きな曲。

歌詞の主題としては、主人公である僕等がひたすら頭を悩ませている

というイメージの曲らしいです。

詳しくは良いインタビュー記事を見つけたのでURLを貼っときます。

http://gekirock.com/interview/2014/07/matenrou_opera_4.php

この曲の何が良いかって、曲構成もさながら、

考えるのを忘れていた事を思い出させてくれる事なんですよ。

産まれてから死ぬまで100年 なんて、みんな知ってるけど

誰も本気で考えないじゃないですか。

明日空気が無くなるかもしれないなんて、

生きてて毎日考えてたら病気になるじゃないですか。

でもそれらの事って考えなきゃ忘れるじゃないですか。

別に毎日考えている必要は無いと思う。

けど精神的に病んで、ダルくて、死にたくなった時に、

この曲を聴きながら考えるんですよ。

自分の生きてる今を、

自分の生きてきた過去を、

自分が生きる未来を。

今はたった一つ小さな問題にぶち当たって砕けそうだけど、

長い目で見たら大したことないちっぽけな問題だったりするんですよ。

でもまたそこで考えるんですよ。

長い目で見て、この先、生きるに当たって、

本当にその問題の答えは正しいのかと。

もちろん何が正しいなんて無いから、結局自分自身が

満足できる生き方を選ぶしか無いんだけど、

でも考えるんですよ。

答えの無い答えの答えを出そうともがくんですよ。

疲れた時はそんな時間がいいんです。

思考の堂々めぐりでいいんです。

自分が妥協できる未来が待つならそれでいいんです。

どうせ最後は全て帳消し。

悩むも自由、適当に生きるのも自由。

見えた景色は僕のもの 吸った空気も僕のもの

という一節があります。

その通りです。

結局自分なんだと気付かされる。

摩天楼オペラ メインキャストは考える

機会があればみなさんも聴いてみて欲しいなと思います。




それでは!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

プロフィール

スカイメンソール

Author:スカイメンソール
スカイメンソールの生体

年齢:日当たりの悪いところに生息するヒト

趣味:キノコ採取、麻雀、釣り、歌う、アニメ、2ch、哲学、妄想、ゲーム、ギター、ダーツ、実況、アクアリウム

特技:鬱

好きな食べ物:キノコ、のど飴、御クスリ

キノコのようにじめじめしたところに生えているスカイメンソールです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード